VB.netのWebBrowser コントロールのIEのバージョンを変更する方法

VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを変更する方法

VB.netのWebBrowser コントロールは、
現在(2016/11/11)、デフォルトではインターネット・エクスプローラ バージョン7のようです。

 

輸入ビジネスをやっている僕は、MyUSのサイトにログインして、
転送履歴などの情報を取得しようと考えたのですが、
WebBrowser コントロールを使って、MyUSにアクセスすると、
以下のようなエラーになってしまいました。

 

VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを変更する方法

 

「We’re sorry, it looks like your browser is not supported.」
ということなので、ブラウザのバージョンが古いということなのでしょう。

 

ユーザーエージェントを表示」というページに接続することで、
IEのバージョンをなんとなく確認できるので、やってみました。

 

VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを変更する方法

 

MSIE 7.0と書いてあるので、たぶん、IE7が動作しているのでしょう。

 

ということで、VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを
変更してみることにしました。

WebBrowserのIEのバージョンを変更する手順

レジストリに値を追加することで実現できます。

 

\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION キー
を開きます。
ない場合は、作成してください。

 

そして、その中に、アプリケーションの実行ファイル名の値を作成します。
今回は、WindowsApplication1.exeというアプリを作ってテストしました。

 

VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを変更する方法

 

ユーザーエージェントを表示して確認しています。

 

VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを変更する方法

 

値を 2AF8 にしたので、Internet Explorer 11になりました。(多分Mozilla/5.0がそういう意味)
他にもいろいろ値はありますが、画像に表示されている 270F はIE9、2711 はIE10です。

 

MyUSにアクセスして確認してみます。

 

VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを変更する方法

 

ログイン画面が表示されました。

 

ちなみにデバッグするときは、WindowsApplication1.vshost.exe
として動いているので、こちらの値も追加しておく必要があります。

 

VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを変更する方法

 

なぜ、MyUSにアクセスしたかったのか

誰も興味ないと思いますが、
WebBrowserコントロールを使って
MyUSにアクセスしたかった理由を書きます。

 

データが発送履歴のデータがほしければ、CSVでダウンロードする機能があります。
ただ、一年くらい前に、CSVファイルの仕様が変わってしまい、
必要なデータが取れなくなったので、
WebBrowserコントロールにより、画面から抽出しようと考えました。

 

MyUSのデータから実際に発送にかかっているグラム単価などを計算して、
利益計算の参考にしているので、結構重要な情報なんです。

スポンサードリンク

VB.netのWebBrowser コントロールのIEのバージョンを変更する方法関連ページ

VB.NETのWebBrowserコントロールでページ全体をキャプチャする方法
VB.NETのWebBrowserコントロールでページ全体をキャプチャする方法

プロフィール


 
トップページ メルマガ登録