CSVの項目にカンマが含まれる場合の処理(VB.net)

CSVの項目にカンマが含まれる場合の処理(VB.net)

ネットビジネスをやっていると、CSVファイルをデータベースに取り込んで、
データ管理がしたくなることがあります。
銀行口座やクレジットの履歴を取り込むプログラムを作るとき、
CSVの項目にカンマが含まれていて、うまく取込ができないという悩みを聞きます。

 

CSVの項目にカンマが含まれている場合、
その項目はダブルクォーテーション(")で囲まれています。

 

CSVの項目に含まれるカンマを除去するVB.netのコードです。

 

1,2,3,"あいう,えお",4,5
という行を
1,2,3,"あいうえお",4,5
に変換します。

 

 

"あいう,えお"が複数あっても大丈夫です。
"あいう,えお"が、一番最後の項目にあるパターンに対応するには、
CSVの行の最後に , を付けてから処理すればよいです。

 

"あい""う,えお"
"あいう"",えお"とか"あいう,""えお"というパターンに対応したい場合は、
処理の前で、 "", や ,"" を、別の文字に変換しておいて、
後で、 "" に変換すればよいです。

 

 

スポンサードリンク

プロフィール


 
トップページ メルマガ登録