Sync Toyのインストール方法

Sync Toyのインストール方法

RichCopy(Robocopy GUI)だと、自動的にバックアップができないようなので、
SyncToyをインストールしました。
といっても、SyncToyそのものに、自動実行する機能があるわけではなく、
タスクスケジューラを使用します。
RichCopyでも、Robocopyコマンドのバッチファイルを作成して、
タスクスケジューラを使用すれば、自動実行できます。

 

まずは、こちらにアクセスして、
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=15155
SyncToySetupPackage_v21_x86.exeをダウンロードします。

 

64ビットのWindowsの場合は、SyncToySetupPackage_v21_x64.exeをダウンロードしてください。

 

ダウンロードしたファイルを実行します。

 

SyncToy インストール

 

「Accept」をクリック

 

SyncToy インストール

 

「Accept」をクリック

 

SyncToy インストール

 

チェックボックスにチェックをいれて、「Next」をクリック

 

SyncToy インストール

 

「I Agree」を選択して、「Next」をクリック

 

SyncToy インストール

 

「Next」をクリック

 

SyncToy インストール

 

「Next」をクリック

 

SyncToy インストール

 

「Close」をクリック

 

以上で「SyncToy」のインストールは完了です。

 

スタート→すべてのプログラム→SyncToy2.1

 

から起動できます。

 

使い方は、こちらです。
Sync Toyの使い方

 

 

スポンサードリンク

Sync Toyのインストール方法関連ページ

フォルダをバックアップするRobocopy GUI
フォルダをバックアップするRobocopy GUI
RichCopy(Robocopy GUI)のインストール方法
RichCopy(Robocopy GUI)のインストール方法
Sync Toyの使い方
Sync Toyの使い方
Robocopyコマンドをタスクスケジューラで実行する
Robocopyコマンドをタスクスケジューラで実行する

プロフィール


 
トップページ メルマガ登録