Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法

Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法

僕はAzure Virtual Machineでツールを24時間稼働させる場合は、
Windows Server 2012 R2 を使っています。

 

Windows Server 2012では、初期状態でパスワードの有効期限が42日になっているので、
ちょっとセキュリティ上問題があるかもしれませんが、
有効期限を無期限に設定しています。
そうしておかないと、うっかりパスワードを変え忘れたときに、
リモートデスクトップで接続できなくなってしまいます。

 

Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法の手順は以下です。
動画も作成しました。

 

 

サーバーマネージャーを起動させる。
ツール→ローカルセキュリティポリシー
Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法

 

アカウントのポリシー
Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法

 

パスワードのポリシー
Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法

 

パスワードの有効期間をダブルクリックします。
Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法

 

0日にすると、無期限になります。
Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法

 

セキュリティの不安を感じる場合は、無期限に設定しておいて、
定期的にパスワードを変更すれば良いです。

スポンサードリンク

Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法関連ページ

Azure仮想マシン作成してみました。
Azure仮想マシン作成してみました。
Azure仮想マシンを日本語化する方法
Azure仮想マシンを日本語化する方法
Windows Server 「Internet Explorer セキュリティ強化の構成が有効になっています」の対処法
Windows Server 「Internet Explorer セキュリティ強化の構成が有効になっています」の対処法
Azure仮想マシンのグローバルIPを固定にする方法
Azure仮想マシンのグローバルIPを固定にする方法
Azure PowerShellで仮想マシンを自動起動、停止するスクリプト
Microsoft Azure PowerShellで仮想マシンを自動起動、停止するスクリプト
Azure仮想マシン ログオン時にサーバーマネージャーを起動させない設定
Azure仮想マシン ログオン時にサーバーマネージャーを起動させない設定

プロフィール


 
トップページ メルマガ登録