Azure仮想マシンのグローバルIPを固定にする方法

Azure仮想マシンのグローバルIPを固定にする方法

Azure仮想マシン(クラシック)のグローバルIPを固定にする方法です。
ローカルのIPアドレスではなくて、グローバルIPです。
自宅のネットで言うと、ルーターの外側からみた場合のIPアドレスのことです。

 

こちらにアクセスすると、
左上に表示される値のことです。

 

ヤフーショッピングの注文APIを使用するときなど、
固定IPからのアクセスが必須になります。
そのような場合、自宅のネット回線で固定IPを契約することもできますが、
固定IPのサービスそのものを提供していないプロバイダも存在します。
(ちなみに、僕の自宅のネット回線はそうでした。)

 

ということで、Microsoft Azureの仮想マシンに固定IPアドレスを割り当てる方法に関して、
調べてみました。

Microsoft Azureの仮想マシンに固定IPアドレスを割り当てる手順

Microsoft Azureの仮想マシンに固定IPアドレスを割り当てる手順は
以下のようになります。

 

  1. Azure Powershellをインストール
  2. PowershellでAzureにログイン
  3. 固定IPを取得
  4. 取得した固定IPを確認
  5. 仮想マシンにIPアドレスを割り当てる

 

以前は、仮想マシンを作成するときにしか、
固定IPを割り当てることができなかったそうですが、
現在は、後から割り当てることができます。

 

今回、説明する手順では、事前に仮想マシンを作成しておいてから、
固定IPを割りあてる方法になります。

1.Azure Powershellをインストール

Azure仮想マシンに固定IPを割り当てる方法を調べていて、
まず、最初につまずくのがPowershellって何?ってことです。
Windows7の場合、「プログラムとファイルの検索」に、
「Powershell」と入力すると、
Windows Powershellが見つかるので、
「ああ、これのことか」と思って起動してはじめて見ると、
次の手順でつまずきます。

 

具体的には、次の手順で、PowershellでAzureにログインしようとすると、
次の画像のように
「用語 ’add-azureaccount’は、コマンドレット、関数、スクリプト ファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。名前が正しく記述されていることを確認し、パスが含まれている場合はそのパスが正しいことを確認してから、再施工してください。...」
というエラーが発生します。

 

用語	’add-azureaccount’は、コマンドレット、関数、スクリプト ファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。名前が正しく記述されていることを確認し、パスが含まれている場合はそのパスが正しいことを確認してから、再施工してください。

 

Windows PowershellでMicrosoft Azureに接続するためには、
「Azure Powershell」をインストールする必要があります。
以下のURLから、ダウンロードしてインストールすることができます。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/powershell-install-configure/

2.PowershellでAzureにログイン

「Azure Powershell」をインストールしたら、
「Windows Powershell」を起動します。
そして、add-azureaccountと入力し、Enterキーを押します。

 

うまくいくと、Microsoft Azureにサインインするダイアログが表示されます。

 

add-azureaccount

 

サインインに成功すると、Powershellの画面にサインインしているアカウントのメールアドレスが表示されます。

 

 

3.固定IPを取得

次は、仮想マシンに割り当てるための固定IPを取得します。

 

コマンドは以下のようになります。
New-AzureReservedIP -ReservedIPName "[固定IPの名前]" -Label "[ラベル名]" -Location "[仮想マシンのロケーション]"

 

ラベル名は今回は重要ではありません。
例えば、
固定IPの名前 ip0001
ラベル名 label0001
仮想マシンのロケーション Japan East
とした場合、コマンドは以下のようになります。

 

New-AzureReservedIP -ReservedIPName "ip0001" -Label "label0001" -Location "Japan East"

 

成功すると、OperationStatus Succeed となります。

 

New-AzureReservedIP perationStatus Succeed

 

仮想マシンのロケーションを間違えると、仮想マシンにIPアドレスを割り当てることができないので、
注意してください。
Japan Eastは、仮想マシンが東日本にある場合を想定しています。

 

間違えてしまった場合は、以下のコマンドで削除することができます。
Remove-AzureReservedIP -ReservedIPName "[固定IPの名前]"

 

確認 Are you sure you want to remove the ReservedIP from your subscription?
とメッセージがでるので、
Yと入力し、Enterキーを押します。

 

Remove-AzureReservedIP -ReservedIPName

 

4.取得した固定IPを確認

取得した固定IPを確認するコマンドは、
Get-AzureReservedIPです。

 

New-AzureReservedIP perationStatus Succeed

 

Service、DeploymentName、VirtualIPNameは、
仮想マシンのIPアドレスを割り当てた後で、Get-AzureReservedIPコマンドを使った時に表示されます。

 

Addressが取得したIPアドレスです。

 

 

 

 

5.仮想マシンにIPアドレスを割り当てる

仮想マシンにIPアドレスを割り当てるコマンドは、
Set-AzureReservedIPAssociation -ReservedIPName "[固定IPの名前]" -ServiceName "[仮想マシンの名前]"

 

です。
以上で、Azure 仮想マシン(Virtual Machine)に固定IPアドレスを割り当てることができました。
リモートデスクトップで仮想マシンに接続して、
グローバルIPを確認すると取得したIPアドレスになっています。

 

一度設定してしまえば、仮想マシンを再起動しても、同じIPアドレスが割り当てられています。
仮想マシンを使用しない時は、シャットダウンしておくと良いです。
シャットダウンは、Microsoft Azureのポータルから行わないと、料金が課金され続ける場合があるので、
注意してください。

 

また、日本の場合、仮想マシンの料金は、こちらの料金の2倍くらいになります。
現在、D1を使用しています。
1時間あたり、0.077ドル(8円くらい)と書いてありますが、
実際には17円くらいかかっています。
理由はよくわかりませんが、日本は料金が違うようです。

 

僕の管理画面では、
18.48時間稼働させて、317円となっています。
30日可動で、12350円です。
〜 $57/月と書いてあるので、月に7千円くらいだと思っていたら、全然違いました。

 

また、予約済み IP(今回取得したIPアドレス)は、仮想マシンに割り当てているときは無料ですが、
割り当てられていない時間は1時間3〜4円くらい課金されます。
現在、165時間で61円になっているので、計算すると一ヶ月に266円かかるようです。

 

もう一点注意点というか追加情報ですが、仮想マシンのMACアドレスは再起動すると変わります。

 

 

Virtual Machinesの場合

仮想マシン(クラシック)は上記の説明通りですが、
Virtual Machinesは管理ポータルから簡単に固定IPにすることができます。
パブリックIPアドレスから、該当するものを選んで、
静的に設定するだけです。

 

予約済IPアドレスを設定する必要はありません。

 

スポンサードリンク

Azure仮想マシンのグローバルIPを固定にする方法関連ページ

Azure仮想マシン作成してみました。
Azure仮想マシン作成してみました。
Azure仮想マシンを日本語化する方法
Azure仮想マシンを日本語化する方法
Windows Server 「Internet Explorer セキュリティ強化の構成が有効になっています」の対処法
Windows Server 「Internet Explorer セキュリティ強化の構成が有効になっています」の対処法
Azure PowerShellで仮想マシンを自動起動、停止するスクリプト
Microsoft Azure PowerShellで仮想マシンを自動起動、停止するスクリプト
Azure仮想マシン ログオン時にサーバーマネージャーを起動させない設定
Azure仮想マシン ログオン時にサーバーマネージャーを起動させない設定
Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法
Windows Server 2012のパスワード有効期間を無期限にする方法

プロフィール


 
トップページ メルマガ登録