パソコン関連の書籍等を読んで試したりしながらアウトプットしまくります。

アウトプットしながら学ぶ

API Dropbox VB.net プログラミング

Drobox SDKをVB.netで使う方法(チュートリアル)

投稿日:

Dropbox for .NET Developersのチュートリアルに書いてあるコードはC#なので、
VB.netで書いてみました。

まずは、「Drobox SDKをVB.netで使う方法(準備)」に書いてあるプロジェクト「DropboxSDKTest」を作成し、フォームに以下のコントロールを追加します。
アクセストークンも取得しておいてください。

アカウント情報取得Button
フォルダ内一覧表示Button
ダウンロードButton
アップロードButton
RichTextBox1

各ボタンをクリックしたときに「RichTextBox1」に結果が出力されます。

Drobox SDKをVB.netで使う方法(チュートリアル)

フォームのコードの一番上に次のコードを追加します。

Imports System.IO
Imports System.Text
Imports Dropbox.Api
Imports Dropbox.Api.Files

以下、ボタンの処理を1つづつ説明します。

アカウント情報を取得する

「アカウント情報取得Button」をクリックしたときのコードです。

非同期で実行する必要があるので「Private Async Sub」としてください。
RichTextBox1に名前とメールアドレスが表示されます。

非同期の処理の書き方を理解したい場合、「C#で非同期プログラミングをする方法: Thread,ThreadPoolからTask,async awaitまでを分かりやすく解説」というKindle本をおすすめします。
Kindle Unlimitedで無料です。
C#ですが、よく読めばわかります。

フォルダ内のファイル一覧を取得する

「フォルダ内一覧表示Button」をクリックしたときのコードです。

例えば、ルートフォルダの中にある「A」というフォルダの中身を見たい場合は、

ListFolderAsync(“”)→ListFolderAsync(“/A/”)

と変更します。
ただ、このListFolderAsyncには問題があり、確実にフォルダの内容全てが取得できるわけではないようです。

ファイルをダウンロードする

「ダウンロードButton」をクリックしたときのコードです。

ドロップボックスのルートフォルダの中にある「A」というフォルダの中の「a.txt」をダウンロードします。
「RichTextBox1」には「a.txt」の中に書かれている文字が表示されます。
「a.txt」そのものは、どこかに保存されるわけではないので、保存したい場合はGetContentAsStringAsyncで取得した内容をファイル名を指定して保存するコードを書く必要があります。

ファイルをアップロードする

「アップロードButton」をクリックしたときのコードです。

VB.net Drobox SDKを使って画像をアップロード、ダウンロードするコード

Drobox SDKをVB.netで使う方法(準備)







-API, Dropbox, VB.net, プログラミング

Copyright© アウトプットしながら学ぶ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.