パソコン関連の書籍等を読んで試したりしながらアウトプットしまくります。

アウトプットしながら学ぶ

VB.net プログラミング

VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを変更する方法

投稿日:

VB.netのWebBrowser コントロールは、
現在(2016/11/11)、デフォルトではインターネット・エクスプローラ バージョン7のようです。

MyUSのサイトにログインして、
転送履歴などの情報を取得しようと考えたのですが、
WebBrowser コントロールを使って、MyUSにアクセスすると、
以下のようなエラーになってしまいました。

「We’re sorry, it looks like your browser is not supported.」
ということなので、ブラウザのバージョンが古いということなのでしょう。

ユーザーエージェントを表示」というページに接続することで、
IEのバージョンをなんとなく確認できるので、やってみました。

MSIE 7.0と書いてあるので、たぶん、IE7が動作しているのでしょう。

ということで、VB.netのWebBrowserコントロールのIEのバージョンを
変更してみることにしました。

WebBrowserのIEのバージョンを変更する手順

レジストリに値を追加することで実現できます。

\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION キー
を開きます。
ない場合は、作成してください。

そして、その中に、アプリケーションの実行ファイル名の値を作成します。
今回は、WindowsApplication1.exeというアプリを作ってテストしました。

ユーザーエージェントを表示して確認してみます。

値を 2AF8 にしたので、Internet Explorer 11になりました。(多分Mozilla/5.0がそういう意味)
他にもいろいろ値はありますが、画像に表示されている 270F はIE9、2711 はIE10です。

MyUSにアクセスして確認してみます。

ログイン画面が表示されました。

ちなみにデバッグするときは、WindowsApplication1.vshost.exe
として動いているので、こちらの値も追加しておく必要があります。

 

 

 







-VB.net, プログラミング

Copyright© アウトプットしながら学ぶ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.