Blender ツール

Blenderがリモートデスクトップで起動できない問題の解決策

投稿日:

Blender 3DCG モデリング・マスター」という本を購入しました。
常にWindowsのリモートデスクトップ(RDP)でコンピュータを操作しています。
BlenderをWindows7にインストールして起動しようとしてみたところ、以下のエラーが発生しました。

—————————
Blender – Unsupported Graphics Card or Driver
—————————
A graphics card and driver with support for OpenGL 3.3 or higher is required.
Installing the latest driver for your graphics card may resolve the issue.The program will now close.
—————————

今回は、Blenderがリモートデスクトップで起動できない問題の解決策を記述します。

スポンサーリンク




Blenderがリモートデスクトップで起動できない問題の解決策1

TeamViewerで接続すれば、Blenderを起動することができます。
起動できたら、リモートデスクトップの接続に切り替えれ使用できます。

Blenderがリモートデスクトップで起動できない問題が解決しない方法

バッチファイルで遅延起動させるようにしてみました。
次の内容のバッチファイルを作りました。

@echo off

timeout /t 10 /nobreak
call “C:\Program Files\Blender Foundation\Blender\blender.exe”

バッチファイル実行後10秒待たせてからblender.exeを起動。
blender.exeを起動する前にリモートデスクトップの接続を切っておきます。

これは、駄目でした。

Blenderがリモートデスクトップで起動できない問題の解決策2

バッチファイルの内容を次のように変更しました。

@echo off

tscon 1 /dest:console
call “C:\Program Files\Blender Foundation\Blender\blender.exe”

tscon コマンドにより、一旦物理的なコンソールを持つセッションに切り替えてアプリケーションの起動をするという処理です。
これを実行するとリモートデスクトップは一旦切断されますが、再接続するとBlenderが起動していることがわかります。

tscon 1 /dest:console でエラーが発生する場合

この場合、セッションIDが間違っています。
コマンドプロンプトで「query session」というコマンドを実行してみます。

次の画像の場合、セッションIDは2にする必要があります。

「tscon 0 /dest:console」を実行してみると、エラーコード5が発生します。

セッション ID 0 をセッション名 console に接続できませんでした。エラー コード 5
エラー [5]:アクセスが拒否されました。

「tscon 1 /dest:console」を実行してみると、次のエラーが発生します。

セッション ID 1 が見つかりません

「tscon 1 /dest:console」を実行してみると、エラーコード7045が発生します。

セッション ID 3 をセッション名 console に接続できませんでした。エラー コード 704
5
エラー [7045]:要求されたセッション アクセスは拒否されます。

セッションIDを取得してtsconの後ろに埋め込むバッチファイルを書いてみましたが、うまく作ることができませんでした。







-Blender, ツール

Copyright© パソコンが好き , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.