パソコン関連の書籍等を読んで試したりしながらアウトプットしまくります。

アウトプットしながら学ぶ

VB.net Visual Studio Commynity ツール プログラミング

Visual Studioでメソッドの最初と最後に移動するショートカット

投稿日:

Visual Studio 2019 Communityを使っています。
メソッドの最初や最後に飛びたいときがあります。
VB.netを使っているので、具体的に言うと、
メソッドの最初は、「Private Function…」や「Private Sub…」の位置、
最後は「End Function」や「End Sub」の位置になります。

初期状態では、上記の希望を満たすショートカットはありません。
なので、設定することになります。
メソッドの最初に飛ぶショートカットだけ設定可能です。
最初に飛ぶことができれば、次のメソッドの最初に飛べば、
その直前がメソッドの最後になるので目的は達成できます。

以下のように設定したいと思います。

次のメソッドに飛ぶ:Ctrl+↓
前のメソッドに飛ぶ:Ctrl+↑

スポンサーリンク




Visual Studioでメソッドの最初と最後に移動するショートカットの設定手順

「次のメソッドに飛ぶ:Ctrl+↓」に関して説明します。

ツール→オプション→環境→キーボードを開きます。
「編集.次のメソッド」を見つけて選択します。

「ショートカット」の下の空欄で「Ctrl+↓」を押します。

現在使用されているショートカットを確認します。
「編集.1行下へスクロール(Ctrl+下矢印(テキストエディター))」が競合します。
後で削除するので覚えておきます。
他にも競合するショートカットがある場合削除する必要があります。
または、別のショートカットを指定します。
とりあえず、ここでは「割り当て」ボタンをクリックして、
「編集.次のメソッド」に「Ctrl+↓」を割り当てます。

「編集.1行下へスクロール」を選択します。
「選択したコマンドへのショートカット」を見ると2つあります。
「Ctrl+下矢印(テキストエディター)」を削除します。

「前のメソッドに飛ぶ:Ctrl+↑」の設定方法は同様です。







-VB.net, Visual Studio Commynity, ツール, プログラミング

Copyright© アウトプットしながら学ぶ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.