パソコン関連の書籍等を読んで試したりしながらアウトプットしまくります。

アウトプットしながら学ぶ

VB.net Windows Windows10 プログラミング

スクリプトエラーがうざい!頻繁に出るときの対処法

投稿日:

Windows10でInternet Explorerを使用していると、
「スクリプトエラー」がひたすら出まくる、
頻発するということで、友人がうざいと言っていました。

Google Chromeを使えばいいのにと思いますが、
ずっとIEを使い続けたがる人は割と多いです。

スクリプトエラー頻発の対処法

設定→インターネットオプション→詳細設定を開きます。
次のように設定し「OK」をクリックします。

スクリプトエラーごとの通知を表示する:オフ
スクリプトのデバッグを使用しない(Internet Explorer):オン
スクリプトのデバッグを使用しない(その他):オン

以上でエラーを無視することができます。

スクリプトエラーを無視しても良いの?

エラーを無視して、閲覧に問題がないのであれば、
特に問題はありません。
スクリプトエラーは、閲覧しているページ側の問題なので、
エラーが表示されたからと言ってこちらがどうこうできるわけではありません。

履歴や一時ファイル、Cookieの削除によって改善することもありますが、
根本的な解決にならないので、エラーを無視して表示しないようにするほうがマシだと思います。

Internet ExplorerのスクリプトエラーはWIndows7の頃から問題となっているので、
Google Cromeが嫌なら、せめてMicrosoft Edgeを使うと良いです。

Internet ExplorerとMicrosoft Edgeの違いは何?

両方ともMicrosoftoの製品ですが、使用されているエンジンが別物です。
今後、Microsoft Edgeが表示ンとなっていくので、いずれInternet Explorerはなくなるでしょう。
そういった意味でも、IEからEdgeに乗り換えるべきだと考えています。

.netのWeb Brouserコントロールに関して

これだけだと、他のブログと全く同じ内容になるので、.netのWeb Brouserコントロールに関して触れておきます。

.netのWeb Brouserコントロールに組み込まれているのがInternet Explorerなので、
Web Brouserコントロールを使ってスクレイピングをしたりすると、
このスクリプトエラーに悩まされます。

例えば、VB.netの場合は以下のようにすれば、スクリプトエラーを回避することができます。

WebBrowser1.ScriptErrorsSuppressed = True







-VB.net, Windows, Windows10, プログラミング

Copyright© アウトプットしながら学ぶ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.