パソコン関連の書籍等を読んで試したりしながらアウトプットしまくります。

アウトプットしながら学ぶ

Windows リモートデスクトップ接続

リモートデスクトップの接続バーの表示切り替えキーを忘れてしまった、「Break」キーがない場合の対処法

投稿日:

「全画面表示の使用時に接続バーを表示する」のチェックをはずすことで、
リモートデスクトップの接続バーの表示切り替えキーを忘れてしまうことがあります。
また、切り替えキーは、「Ctrl」+「Alt」+「Break」ですが、キーボードによっては、
「Break」キーがないこともあります。
「Fn」+「Pause」などに割り当てられていたりすることもありますが、
今度は、「Pause」キーがない。
そんなときの対処法です。

「Ctrl」+「Al」t+「Delete」をおすと、クライアント側の
タスクマネージャーが起動します。

すると、クライアント側のタスクバーが表示されるので、
そこでリモートデスクトップ接続を終了させることができます。







-Windows, リモートデスクトップ接続

Copyright© アウトプットしながら学ぶ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.